親鸞上人の状態から考察するおすすめの薄毛対策

親鸞という人物をご存知でしょうか?鎌倉時代前半から中期にかけての日本の僧であり、浄土真宗の宗祖とされています。そんな親鸞ですが、肖像画などを見ると、綺麗なツルツル頭だと分かります。今回はそんな親鸞の生い立ちと共に、薄毛についてまとめました。

shinran.jpg

親鸞って?

親鸞は平安末期、京都に生まれました。4歳の時に父と、8歳の時には母と死別したそうです。世の無常に驚いた親鸞は9歳で出家を志し、比叡山天台宗の僧侶となりました。90歳で亡くなるまで、全ての人が幸福になれるたった1本の道、弥陀の本願一つを説き続けました。伝説によると、わずか9歳の時に、「明日ありと思う心の仇桜、夜半に嵐の吹かぬものかは」と詠み、無常感を文学的に表現したことで知られています。

 

親鸞の実際の髪型は自然ではなく作られたものだった

綺麗なツルツル頭は、ハゲだったのかと思いきや、実はただの坊主頭だったそうです。お坊さんが坊主にしているのと同じですね。親鸞は自らを「愚かな禿」と名乗ったことから、ハゲだと思われている方が多いようです。しかし本当は、「外見は頭をまるめ賢く見えるが、内面は愚かである」という意味だそうです。

 

薄毛対策はオールマイティに効く

親鸞は実はハゲではありませんでしたが、ここで薄毛対策をまとめておこうと思います。男性型脱毛症をAGAといいます。このAGA専門のクリニックなどがあるのをご存知でしょうか。クリニックで薄毛の治療ができるのです。無料カウンセリングを行っているクリニックもあるので、一度調べてみると良いですよ。

また、育毛剤や育毛シャンプー、サプリなどが合っている方もいるようです。しかし相性があるので、色々と試さなければならないのが手間と感じる場合もあります。気軽に始められることとしては、睡眠、食事、運動など生活習慣の改善です。これは髪だけでなく体にもいいのでおすすめです。

 

終わりに:

いかがでしたでしょうか。最近では若いうちから薄毛に悩んでいる方も多いようです。あれ?なんか薄い?など、少しでも変化に気付いたその時から、対策しておきたいものですね。