ザビエルの薄毛タイプとおすすめの薄毛対策

日本に初めてキリスト教を伝えたフランシスコ・ザビエル。有名な肖像画もいくつかあるので、その風貌をご存知の方も多いはず。そう、ザビエルと言えば特徴的なのがその髪型です。今回はそんな‟ザビエルタイプの薄毛"対策をご紹介します。

フランシスコ・ザビエルって?

スペインのナバラ生まれであるザビエルは、日本に初めてキリスト教を伝えました。1549年のことです。 カトリック教会の司祭、宣教師であり、イエズス会を創設したメンバーの1人です。 また、日本やインドなどで宣教を行った事でも有名で、聖パウロを超えるほど沢山の人々を、キリスト教信仰に導いたという話もあります。

ザビエルの髪型

ザビエルというと、肖像画などから"ハゲている人"という印象を持っている方が多いのではないでしょうか。 しかしこれは、ハゲているのではなく、このような形に髪を剃っていたようなのです。 これは「トンスラ」という修道士の髪型だそうです。 日本で有名な、ハゲているように見える肖像画は、彼の死後から70年以上経過して作成されたと考えられていて、肖像画ではなく「想像画」ということになります。 実は実際に残っている「肖像画」の中のザビエルは髪がフサフサなのです。

zabiel.jpg

※画像はイメージです

トンスラタイプの薄毛対策

このように、実はハゲてはいなかったザビエルですが、もしもザビエル風トランスタイプの薄毛にお悩みの方やその兆しを感じている方へおすすめな対策は「生活習慣の改善」です。 睡眠不足と運動不足、ストレスに気を付けましょう。 毎日10分でも軽く体を動かす事で寝付きも良くなり、ストレス発散にもなります。

既に薄毛がとても目立つような方は、生活習慣の改善と並行して、亜鉛のサプリメントなどとあわせて、ウィッグやカツラを活用しましょう。 ただしバレないようにするのはなかなか難しいですよね。 気付かれるのが不安な方は、日頃から帽子をかぶるようにするのがおすすめです。

終わりに:

いかがでしたでしょうか。 ザビエルはハゲではありませんでしたが、想像画のような髪形になっている方は、是非健康のためにも生活習慣の改善にチャレンジしてみてくださいね。